漫画上達

漫画家になる方法①〜漫画家になるまでのステップ〜

漫画家を目指しているあなた、なりたいけどなるにはどうしたらいいかイマイチわからない…とか思っていませんか?大丈夫です!イチから説明します!!!テンションMAXフゥオアァァァァァァァァァァァァァ

改めましてどうもわっしょいです!僕がわっしょいっていう時はよっこらせの時、挨拶の時など多岐に渡ります。

この方法シリーズは③から本格的になります

漫画家になる方法②〜ジャンル・ターゲット・テーマを決める〜

漫画家になる方法③〜ストーリーを考える〜

漫画家になる方法④〜キャラをデザインする〜

漫画家を目指した理由

僕は漫画家になりたい!と思ったのは小4の時漫画でNARUTOを見始めた時でした。それまでアニメで見ていたNARUTOの漫画を読み始めた時、漫画家っていう職業を知って、絵が好きで得意だった僕はこれだ!と確信しました。

その後NARUTOやBLEACH、銀魂などジャンプ作品を好きになったので、ジャンプ作家を目指しています。

みなさんは自分が好きな出版社の漫画家になることを目指してくださいね

漫画家になる方法・段階

そもそも漫画家になるタイミングはいつなのでしょうか?作家さんによって違います。

    読み切りが掲載された時
    連載が始まった時
    漫画で収入を得た時
    漫画が有名なったとき

などです。

僕は2番目のタイミングだと思っているのでこのブログではこれで統一したいと思います

こだわりが強い有名作家さんで「僕なんてまだまだ…」みたいにいう人もいますね

そして基本的に僕は紙媒体の雑誌を発行している有名出版社で漫画家になることについて説明しているのでWeb漫画やアプリで漫画を描く人は注意してください!

漫画家になる方法は概ね2種類ありまぁす!

漫画賞に投稿(応募)パターンと

編集部に持ち込みパターンがあります

どちらを選ぶかは好みです。両方でいくのも普通にアリです。ただ担当がついた場合はその指示に従ったほうが効率がいいと思います

漫画賞に投稿(応募)パターン

主な流れは

どの雑誌のどの賞に出すか決める

応募の決まりを読む(ページ数などを確認)

漫画を描く

郵送

受賞作発表

◯落選した場合→同じか別の作品を別の賞に持ち込みor同じか別の作品を担当に見せる

◯受賞した場合

担当編集がつく

雑誌にその漫画が掲載orされない

連載用ネームを描く

連載会議

◯連載決定しなかった場合

→別の連載ネームor読切を考える

◯連載決定した場合

ネームを清書

連載開始!!!イェイ!!!

編集部に持ち込みパターン

漫画を描く

集英社に持ち込む

その後相談しながら別の読切を描いたりする

連載用ネームを作る

連載会議

…あとは同じです

結局どっちがおすすめ?

僕はまずは持ち込みをお勧めします(僕もそうでした)

なぜか、それぞれメリットとデメリットを紹介しましょう

投稿のメリット

  • 一定の賞を受賞すればそのまま掲載され、賞金がもらえる。さらに担当がつくかもしれない
  • 東京に行かなくてもいいから楽

投稿のデメリット

  • 郵送中に破損するかもしれない
  • 受賞しないとアドバイスがもらえない(受賞すれば受賞作品発表のページにアドバイスなどが書かれる)
  • 応募した原稿は処分される(受賞すれば返してもらえるのかもしれない?自分で確認してください)

持ち込みのメリット

  • アドバイスがもらえる
  • 編集者の人に質問ができる
  • いい作品であれば、作品を見てくれた編集者が自分の担当編集になってくれる可能性がある
  • (集英社に行ける)

持ち込みのデメリット

  • 東京に行って帰ってくる費用がかかる(地方の人は行きづらい)
  • いい作品を見せてもお金がもらえるわけではない
  • 持っていく際に作品を破損するかもしれない
  • 平日に行く可能性が高い

結局

僕は作品についてアドバイスもらえることや質問ができることを優先して考えた結果、持ち込みにしました。

持ち込みのデメリットで「地方の人は行きづらい」ということがありますが、

ジャンプではJスカウトキャラバンという編集者が地方都市に出向き、そこで作品を評価してくれるという企画があります。(2019年は8都市で開催)

↓Jスカウトキャラバンのページhttps://www.shonenjump.com/j/mangasho/jscout2019/

(以外の編集部でも同じような企画はあります。)

なので、地方に住んでいる方でもありえない選択肢ではないです。

そして、持ち込みをしてアドバイスをもらい、作品を改善した後(しなくてもいい)に同じ作品を漫画賞に投稿するということもできるので、まずは持ち込みをすることをおすすめします。

※持ち込みをした後投稿する場合は投稿の前に見てくれた編集者に報告するほうがいいです。評価を共有できるからです。それに担当編集になっていなくても、作家と編集の二人三脚はスタートし始めていますので、そういう意味でも報告すべきです。

※一度持ち込むと別の読切を作るように言われる可能性が高い(予想)ので、言われたら指示に従いましょう。

まとめ

以上のことを踏まえて自分の状況に照らし合わせて方法を選び、漫画家になってください

長かったけどこれで終わります!!ではでは!˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

次は漫画の大まかな方向性をきめます!↓

スキルアップで漫画家に!〜基本編〜

ABOUT ME
wasshoi
wasshoi
芸術大学に通っているジャンプの漫画家志望。一度だけ集英社に持ち込みをしたことがある。漫画家になる過程やノウハウをメインに書いていくつもり。東京大学を目指していた時期があり、ざっくり勉強のやり方が分かったのでその辺も書いていきたい。一番好きな漫画はNARUTO。ジャンプ系で2000年以降の有名な漫画ならだいたい読んでいる。好きな女性は白石麻衣さん(ガチで恋をしている)。そして乃木オタ。握手会もいく。音楽はNARUTOやBLEACH・銀魂・ONE PIECE・フェアリーテイルなどのアニソン、UVERworld、KEYTALK、乃木坂46、アジカン、きゃりーぱみゅぱみゅ、オレンジレンジ、ももクロ、カナブーン、嵐、関ジャニ、NEWS、KAT-TUN、T.M.Revolutionなどが好き。要するに浅く広く好き(上のアニソンは深い)。趣味は散歩と散輪。